トップページ/ニュース サイクリング同好会の永吉さんが国内最大級の自転車耐久レースで総合優勝

  • ゴールを目指す永吉さん ゴールを目指す永吉さん

サイクリング同好会の永吉篤弥さん(法学部法学科4年)が所属するチーム「DESTRA」が5月28日、国内最大級の自転車耐久レース、第8回スズカ8時間エンデューロ春sp2017に出場し、総合優勝しました。
本大会は5000人以上の選手が集い、鈴鹿サーキットのコース(1周約5.8km)を一定時間で周回した回数を競うもの。「DESTRA」は8時間で57周し、2位に1周の差をつけてゴールしました。

ロードレースはいつ、どこで飛び出すかで勝負が決まる。序盤で1位を取れば良いわけではなく、前を走行している選手を風除けにするなどとても奥が深い」とロードレースの魅力を語る永吉さんは、入学後にサイクリング同好会に入り、昨年参加した大会をきっかけに本格的に練習を開始。現在は7月に控えている大会に向けて、基礎体力作りに励んでいます。
永吉さんは「6月28日に開催された全日本自転車競技選手権大会ロードレースU23にも出場させていただきました。結果は残せませんでしたが、トップ選手の走りを見て刺激を受けました。卒業後もプロロードレーサーを目指して頑張りたい」と今後の意気込みを語りました。

第8回スズカ8時間エンデューロ春sp2017
平田リバーサイドプラザ・クリテリウム レース結果

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ