移行用/ニュース ハンドボール部が東海学生春季リーグ戦優勝を学長らに報告

東海学生春季リーグ戦で優勝したハンドボール部=天白キャンパス本部棟で 東海学生春季リーグ戦で優勝したハンドボール部=天白キャンパス本部棟で
優勝報告する山田豊教職員部長(右端) 優勝報告する山田豊教職員部長(右端)

ハンドボール部は6月6日、天白キャンパス本部棟で、東海学生ハンドボール春季リーグ戦男子1部の12季(6年)ぶり優勝を吉久光一学長らに報告しました。
同部は1967年に2部で優勝し1部に昇格して以来、春季は通算14回、秋季は通算10回の優勝を数えます。今季の優勝で、同部は11月3日から金沢市で開催される全日本学生ハンドボール選手権大会(全日本インカレ)の出場権を獲得しました。また、全日本インカレのシード権をかけた西日本学生ハンドボール選手権大会(西日本インカレ)が7月7日から福岡市で開かれます。
山田豊教職員部長(法学部教授)の優勝報告に続いて、本山慶樹監督(情報センター情報処理課長)は「選手寮を建てていただき、大学の支援が実りました」と感謝の意を示しました。吉久学長は「よき伝統を築いていってほしい」と、全日本インカレなどでの活躍に期待をかけました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ