移行用/ニュース 柔道部が全日本大会アベック出場を学長に報告

全日本大会出場を報告した柔道部=天白キャンパス本部棟で 全日本大会出場を報告した柔道部=天白キャンパス本部棟で
選手らをたたえる山本監督 選手らをたたえる山本監督

柔道部は6月6日、天白キャンパス本部棟で、2017年度全日本学生柔道優勝大会(男子66回、女子26回)にアベック出場することを吉久光一学長らに報告しました。同大会は同月24、25の両日、東京の日本武道館で開催されます。無差別の団体戦で、地方予選を勝ち抜いた大学が出場できます。柔道部は5月21日に名古屋市の愛知県武道館で行われた東海学生柔道夏季優勝大会で、男子が1部優勝、女子が3人制優勝という結果を残し、出場権をつかみました。男子はベスト8、女子は3位以内の入賞を目標にしています。
吉久学長や小笠原日出男理事長らの前で、足立和彦教職員部長(法学部准教授)は「本年度の部長就任早々、立派な成績を収めてくれてうれしい」と喜びを語り、山本浩史監督(法学部助教)は「学生らが辛い練習に耐え抜いてくれた」と選手らをたたえました。吉久学長は「体調を整えて戦ってほしい。けがのないように」と励ましました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ