在学生・教職員/ニュース 栗林投手が大学日本代表メンバー入り

  • 栗林良吏投手=パロマ瑞穂球場で 栗林良吏投手=パロマ瑞穂球場で

硬式野球部の栗林良吏投手(人間学部3年)が第41回日米大学野球選手権大会(7月、アメリカ)と第29回ユニバーシアード競技大会(8月、台湾)の侍ジャパン大学日本代表メンバーに選ばれました。愛知大学野球春季1部リーグでノーヒットノーランを達成し、最優秀防御率のタイトルも獲得した実績が評価されたとみられます。
侍ジャパンは、日米大学野球選手権では初の3連覇を、ユニバーシアード競技大会では連覇を目指しています。栗林投手は「初めて代表に選ばれたので、名城大学の選手として恥ずかしくないプレーをしたい。国を代表する責任感は、これまでとは全く違うので、プレッシャーに勝ち、優勝したい。自分自身も成長できるように頑張りたい」と抱負を話しました。

 詳細は、野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • 名城大学バーチャルリサーチフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ