移行用/ニュース 農学部特任助手の杉村さんが2017年度日本作物学会論文賞

受賞者 杉村優有さん(農学部特任助手)
受賞名 日本作物学会第243回講演会 2017年度日本作物学会論文賞
受賞日
開催地
2017年3月29日
東京大学弥生キャンパス(東京都)
受賞テーマ Involvement of α-amylase genes in starch degradation in rice leaf sheaths at the post-heading stage.

日本作物学会第243回講演会が東京大学弥生キャンパスで開催され、杉村優有さんが筆頭著者である論文(Plant Production Science誌の第18巻掲載)が、日本作物学会論文賞を受賞しました。 受賞対象となる研究は、農学部、大学院農学研究科(修士課程、博士課程)を通じて平野達也教授(作物学研究室)の指導のもと継続していた研究内容で、イネ茎部に蓄積し、コメの登熟に貢献する非構造性炭水化物の代謝に関わる遺伝子について解析したものであり、飼料用などとして多収が達成されたイネ品種の特性を解明した成果が評価されました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ