移行用/ニュース 平成29年度入学式 新入生「切磋琢磨しながら成長してきたい」

吉久学長に対して新入生宣誓をする川尻さん 吉久学長に対して新入生宣誓をする川尻さん
新入生ら 新入生ら

平成29年度入学式が4月1日、愛知県体育館で挙行され、9学部23学科、9研究科の計3858名が新たな門出を迎えました。はじめに吉久光一学長が新入生に対し「新入生の皆さまには、本日から始まる大学生活で、多様な経験を積み重ねて、学ぶ楽しさに気づき大きく成長してほしい」と告辞を述べました。続いて小笠原日出男理事長は祝辞で「多様な経験を通して成長してください。もちろんチャレンジすれば壁にぶつかります。そんな時は友人、先生、大学に相談して、壁を乗り越えてください」と新入生を激励しました。その他に、校友会会長の山田弥一氏と本学理事の小出宣昭氏(株式会社中日新聞社代表取締役社長)も新入生に対してお祝いの言葉を贈りました。
新入生宣誓を務めた川尻健太さん(経営学部)は「私たちは新しい舞台の一歩として名城大学を選びました。目標を持ち、友人と切磋琢磨しながら成長していきます」と力強く宣誓。在学生を代表して澤山美央さん(法学部4年)は「大学は高校と違い、自分で授業を選択し時間割を作成するなど、多くの自由が与えられます。自覚と責任を持って、さまざまなことにチャレンジし、素敵な思い出と、信頼できる仲間をつくってください」と歓迎の言葉を贈りました。最後にアカペラサークル「はもりね」による学歌斉唱や管弦楽団による「威風堂々」が披露され、新入生の新たな大学生活のスタートを祝いました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ