トップページ/ニュース 将棋部が学生女流名人戦優勝などを学長らに報告

  • 学長らに活動報告した将棋部員ら(前列) 学長らに活動報告した将棋部員ら(前列)
  • 吉久光一学長(左側)から激励を受ける将棋部員(右側)=天白キャンパスのタワー75で 吉久光一学長(左側)から激励を受ける将棋部員(右側)=天白キャンパスのタワー75で

将棋部は2月14日、昨年12月の学生将棋全日本大会の戦果を天白キャンパスのタワー75で吉久光一学長らに報告しました。団体は第47回学生王将戦で10校中5位、個人は脇田菜々子さん(人間学部2年)が第37回学生女流名人戦で17人の中で初優勝、奥村克典さん(理工学部1年)が第45回学生王将戦で16人中10位でした。

教職員部長の佐藤文彦法学部教授、コーチの竹内貴浩さんと学生部長の福田一将さん(法学部2年)ら部員7人が出席。竹内コーチは報告で、脇田さんの優勝を「前年の男子の優勝に続き、素晴らしい」とたたえました。団体は立命館大学などに敗れ6勝3敗で5位となりましたが、2位の京都大学、3位の東京大学、4位の日本大学には勝ったことを挙げたうえで「前年の優勝で他大学にかなり研究されていました。今年はまた優勝するつもりで一からチームづくりをしたい」と話しました。福田部長も「チームワークは揺るぎないので、一致団結して一つでも上の結果を出せるよう努力します」と抱負を述べました。
これに対して吉久光一学長は「君たちの活動は卒業生の間でも話題になります。今後も頑張ってください」と励まし、小笠原日出男理事長は「脇田さんの優勝は大学開学以来の快挙だと思います。今後も精進してください」とたたえました。武藤正美経営本部長は「皆さんの活躍を見て名城大学に入りたいという人が増えると思います」と後進への波及効果に期待しました。

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ