在学生・教職員/ニュース 台湾の銘伝大学から学長らが来校

懇談後の記念写真 懇談後の記念写真
懇談する両校関係者 懇談する両校関係者

海外協定校である台湾の銘伝大学から4月19日、李銓学長、沈佩帯大学開発委員長、劉國偉国際交流副学長、林長河応用外国語学部長、李慶瑜学長特別補佐ら5人が天白キャンパスに来校しました。同大学は台北市に位置し、管理、マスコミ、デザイン、情報、観光、応用外国語、健康、社会科学、法律、国際学院の10学部を有する学生数1万7000人の総合大学です。

本学とは2013年11月に大学間学術交流協定を締結し、2014年7月に学生交換協定を締結しています。協定締結後、経営学部、経済学部を中心として、交換留学、国際フィールドワーク、ゼミナール交流等が行われています。

一行は、吉久光一学長を訪問し、福島茂副学長、山本雄吾経済学部長、瀬川新一経営学研究科主任教授、勝浦正樹学務センター長、佐土井有里アジア研究センター長らを交えて両校の今後のさらなる交流について懇談を行いました。

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1