トップページ/ニュース 大学教育開発センターが2018年度の名城サプリメント教育と学習サポートルームを開始

  • 熱心に話を聞く学生 熱心に話を聞く学生

 大学教育開発センターは、各キャンパスで2018年度名城サプリメント教育の開講と学習サポートルームを開室しました。(八事キャンパスは名城サプリメント教育のみ)
 名城サプリメント教育は、数学・化学・生物・日本語表現の4科目を開講し、高校までの学習内容を復習したいときに、また、学習サポートルームは、大学での学びや生活の悩み全般について相談したいときに、予約不要で気軽に利用できます。
 学習サポートルームは、5月から大学院生相談員15人(天白キャンパス13人、ナゴヤドーム前キャンパス2人)も加わり、学生サポートの充実を目指していきます(前期は、7月20日まで開室予定)。

 なお、名城サプリメント教育開講科目・学習サポートルーム開室日などの詳細情報は、大学ウェブサイト内に掲載していますので「名城サプリメント教育」「学習サポートルーム」で検索してご確認ください。

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1