トップページ/ニュース 2氏に名誉教授称号記を授与

新たに名誉教授となった2氏と授与式参列者 新たに名誉教授となった2氏と授与式参列者

本学は5月17日、2018年度名誉教授称号記授与式を開催し、2018年3月に本学を退職した2氏に名誉教授の称号記を授与しました。

授与式は小笠原日出男理事長、吉久光一学長らが出席して天白キャンパスの本部棟で開催。はじめに吉久学長から名誉教授称号記が授与され「卒業生が各界でめざましい活躍をし、2年連続で志願者数が4万人を超えなど、中部圏を代表する大学に成長していることは先生方のご尽力の賜だと思います。開学100周年に向け、教職員一同まい進していきますので、今後もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。」とお祝いの言葉を贈りました。

名誉教授は今回授与された2氏を含め、79人となりました。

【名誉教授称号記が授与された名誉教授一覧】

所属

氏名

理工学部

多和田 昌弘

総合研究所

高倍 昭洋

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ