トップページ/ニュース 卒業生の瀧藤重道さんの記事が「薬事日報」に掲載

  • 卒業生の瀧藤重道さん(2006年薬学部卒)の活動が2016年1月10日付の薬事日報に掲載されました。瀧藤さんは染色液で菌を染め分ける「グラム染色」を活用することで感染症の原因菌を推定し、抗菌薬の適正使用に役立てる活動を行っています。現在は薬局で調剤をしながら医師の訪問診療に同行し、介護付き有料老人ホームの入所者を対象に検体の「グラム染色」を実施して原因菌に合った抗菌薬を提案しています。瀧藤さんが「グラム染色」に関心を持ったのは病院から薬局に転職し、在宅医療現場の抗菌薬の使用実態を知ったことがきっかけです。その後、専門書を読み抗菌薬の勉強をしたり、原因菌推定の精度向上のため病院に研修に行き、「グラム染色」のレクチャーを受けるなど、さまざまな活動に取り組んでいます。瀧藤さんは「グラム染色の結果があると、医師に適正な抗菌薬の選択を提案しやすい。今後も抗菌薬適正使用のため活動を続けていきたいです。大学で学んだことがそのまま現場で活用できるとは限らない。現場で生かせる知識と技術を磨き続けることが重要だと学生に伝えたい」と話しました。 卒業生の瀧藤重道さん(2006年薬学部卒)の活動が2016年1月10日付の薬事日報に掲載されました。瀧藤さんは染色液で菌を染め分ける「グラム染色」を活用することで感染症の原因菌を推定し、抗菌薬の適正使用に役立てる活動を行っています。現在は薬局で調剤をしながら医師の訪問診療に同行し、介護付き有料老人ホームの入所者を対象に検体の「グラム染色」を実施して原因菌に合った抗菌薬を提案しています。瀧藤さんが「グラム染色」に関心を持ったのは病院から薬局に転職し、在宅医療現場の抗菌薬の使用実態を知ったことがきっかけです。その後、専門書を読み抗菌薬の勉強をしたり、原因菌推定の精度向上のため病院に研修に行き、「グラム染色」のレクチャーを受けるなど、さまざまな活動に取り組んでいます。瀧藤さんは「グラム染色の結果があると、医師に適正な抗菌薬の選択を提案しやすい。今後も抗菌薬適正使用のため活動を続けていきたいです。大学で学んだことがそのまま現場で活用できるとは限らない。現場で生かせる知識と技術を磨き続けることが重要だと学生に伝えたい」と話しました。

卒業生の瀧藤重道さん(2006年薬学部卒)の活動が2016年1月10日付の薬事日報に掲載されました。瀧藤さんは染色液で菌を染め分ける「グラム染色」を活用することで感染症の原因菌を推定し、抗菌薬の適正使用に役立てる活動を行っています。現在は薬局で調剤をしながら医師の訪問診療に同行し、介護付き有料老人ホームの入所者を対象に検体の「グラム染色」を実施して原因菌に合った抗菌薬を提案しています。瀧藤さんが「グラム染色」に関心を持ったのは病院から薬局に転職し、在宅医療現場の抗菌薬の使用実態を知ったことがきっかけです。その後、専門書を読み抗菌薬の勉強をしたり、原因菌推定の精度向上のため病院に研修に行き、「グラム染色」のレクチャーを受けるなど、さまざまな活動に取り組んでいます。瀧藤さんは「グラム染色の結果があると、医師に適正な抗菌薬の選択を提案しやすい。今後も抗菌薬適正使用のため活動を続けていきたいです。大学で学んだことがそのまま現場で活用できるとは限らない。現場で生かせる知識と技術を磨き続けることが重要だと学生に伝えたい」と話しました。

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ