トップページ/ニュース 科研費審査委員の理工学部小髙教授と都市情報学部柄谷教授が表彰受ける

独立行政法人日本学術振興会は10月31日、2015年度の科学研究費助成事業(科研費)の審査委員を務め、有意義な審査意見を付したとして理工学部社会基盤デザイン工学科の小髙猛司教授と都市情報学部都市情報学科の柄谷友香教授を表彰しました。
同会は、科研費の審査で公正・公平が確保されるよう努めています。2008年度からは、有意義な意見を付した審査委員を表彰しており、2015年度は約5500人の第1段審査(書面審査)委員の中から189人を選び、表彰しました。
表彰状は11月19日、吉久光一学長が記念品のメダルとともにそれぞれに伝達しました。加鳥裕明理工学部長と木下栄蔵都市情報学部長も同席し、2人をたたえました。

FEATURE

  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ