移行用/ニュース スポーツ・文化後援会が山崎武司さんを招き創立10周年記念式典

  • 記念講演する山崎さん 記念講演する山崎さん
名城大学スポーツ・文化後援会が創立10周年を迎え、11月27日、天白キャンパス共通講義棟南103講義室で、記念式典を行いました。午後4時から始まった式典には、スポーツ・文化後援会会員である卒業生や教職員、賛助企業の関係者を含めて約200人が出席。丹下富博スポーツ・文化後援会会長に続いてあいさつした小笠原日出男理事長は、「今年は赤﨑勇終身教授がノーベル物理学賞を受賞した記念すべき年。2016年に迎える開学90周年に向けて、文武両道を実現できる力強い大学を目指したい」と意気込みを語りました。
式典後には、プロ野球の中日や楽天で活躍し、2013年のシーズンで現役を引退した山崎武司さんが「三度のクビから現役27年」というテーマで講演。現役時代の秘話や仕事に対する心構えを語りました。
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ