トップページ/ニュース 赤﨑終身教授に随行の岩谷准教授が「ノーベルウィーク報告」

  • 晴れの授賞式を前にした赤﨑終身教授と赤﨑研究室の3人。左から上山智教授、竹内哲也准教授、岩谷素顕准教授(12月10日、ストックホルムのグランドホテルで) 晴れの授賞式を前にした赤﨑終身教授と赤﨑研究室の3人。左から上山智教授、竹内哲也准教授、岩谷素顕准教授(12月10日、ストックホルムのグランドホテルで)

2014年ノーベル賞授賞式に出席のためスウェーデンを訪れた赤﨑勇終身教授に随行した名城大学赤﨑研究室の岩谷素顕(いわや・もとあき)准教授から、渉外部広報課あてに「ノーベルウィーク報告」を寄せていただきました。岩谷先生はご多忙の中、所属する学会にも同様のリポートを執筆されておりますが、名城大学ウェブサイト用にも分かりやすくまとめていただきました。岩谷先生は報告の「おわりに」の中で、「ノーベルウィークという得難い経験を通して、今回の赤﨑先生、天野先生、中村先生の受賞を非常に多くの方々が喜んでくださると同時に、この学問分野への大きな期待をひしひしと感じた」とし、同じ分野の研究に携わることができたことを「一研究者として光栄に思う」とつづっています。赤﨑研究室の研究者ならではの熱い視点でのストックホルムリポートをお届けします。

ノーベルウィーク随行リポート

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ