トップページ/ニュース 名城大学が天白区と連携協定を締結

  • 協定書に署名した中根学長と伊藤区長 協定書に署名した中根学長と伊藤区長
  • あいさつする中根学長 あいさつする中根学長

名城大学は12月18日、大学本部やキャンパスがあり、これまでもさまざまな分野で相互協力関係にあった名古屋市天白区と、連携協力に関する協定締結式を行いました。地域防災の強化、高齢化社会を迎える地域福祉の向上、農業など産業の振興などでの連携を深めていくことをめざします。中根敏晴学長と、天白区の伊藤容子区長が協定書に署名しました。
名城大学と天白区は2003年に避難所の指定に関する覚書を、2004年に天白災害ボランティアセンター開設に関する協定書を締結し、すでに天白キャンパスが天白区民の避難所として活用されています。また、学生たちのボランティア活動でも、天白区と連携した防犯や清掃活動などが行われています。

  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • 名城大学バーチャルリサーチフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ