トップページ/ニュース 華名城スパークリングロゼワインの投票結果発表

 名城大学のオリジナルブランド「華名城(はなのしろ)」の第4弾商品として、附属農場で発見されたカーネーション酵母を使い、附属農場で収穫された「ぶどう」を原料にした「スパークリングロゼワイン」を発売予定です。このワインのラベルデザインを本学関係者から募集し、20作品の応募がありました。

 採用ラベルを決定するために11月12日~18日、ウェブサイトで投票を行い、多くの方が投票に参加していただきました。ありがとうございました。投票結果がまとまりましたので、入賞作品をご紹介します。入賞者の皆さま、おめでとうございます!

<入賞作品>
順位得票数デザイン応募者
1位
(最優秀賞)
373 馬場隆介さん
(理工学部建築学科4年)
373
3位
(優秀賞)
80 田中裕子さん
(農学部生物資源学科4年)
4位
(入選)
50 堀 友香さん
(経済学部経済学科1年)
50 岡本亜憂美さん
(農学部応用生物化学科3年)

※1位が同数のため、採用者の馬場さんとご相談し、最終的な商品ラベルデザインを決定します。

投票参加状況
●投票参加者数:661人

●性別
男性:426人(64%)
女性:235人(36%)

●年代
10歳未満:1人(0%)
10代:67人(10%)
20代:439人(66%)
30代:60人(9%)
40代:51人(8%)
50代:32人(5%)
60代以上:11人(2%)
●属性
名城大学生:346人(52%)
名城大学卒業生:132人(20%)
名城大学関係者(教職員など):76人(11%)
名城大学生の保護者:22人(3%)
名城大学附属高校生:1人(0%)
会社員:34人(5%)
主婦:16人(2%)
その他:34人(5%)
  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ