移行用/ニュース ハンドボール部が全日本インカレで6年ぶりにベスト8

ハンドボール部が11月22日~26日に岐阜市と各務原市で開催された平成26年度男子第57回全日本学生選手権大会(全日本インカレ)で、6年ぶりにベスト8に入賞しました。全日本インカレは全国の代表32校がトーナメント形式で戦う学生ハンドボール最高峰の大会です。
名城大学は、1回戦で秋田大学、2回戦では福岡教育大学と対戦して勝利を収め、準々決勝に進出。準々決勝では前年度の全日本インカレ優勝校の早稲田大学と対戦し、前半から追いかける展開で後半に3点差まで詰め寄るものの、最後に突き放されました。しかし、後半は前年度のチャンピオンをあわててさせるなど、最後まであきらめずに健闘しました。主将の成瀬優也さん(法学部4年)は、「もてる力をすべて出し切りました。敗戦は悔しいですが、1年間を部員全員が一丸となり戦い抜くことができました。ベスト8に入賞できたことは誇りです」と語りました。来年はさらなる上位をめざします。

■平成26年度男子第57回全日本学生選手権大会(全日本インカレ)試合結果 

1回戦 名城大学 20(11-7:9-12)19 秋田大学
2回戦 名城大学 31(16-9:15-9)18 福岡教育大学
準々決勝 名城大学 20(12-18:8-13)31 早稲田大学
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ