トップページ/ニュース 赤﨑教授と天野教授が名古屋大学で合同会見 師弟で喜びを共有

青色LEDを手に笑顔の赤﨑教授(左)と天野教授(10月10日、名古屋大学) 青色LEDを手に笑顔の赤﨑教授(左)と天野教授(10月10日、名古屋大学)
赤﨑勇終身教授は10月10日午後、出張先のフランスから帰国した天野浩名古屋大学教授(元名城大学教授)と共に、名古屋大学での合同記者会見に臨みました。
赤﨑教授と天野教授の師弟関係は、天野教授が名古屋大学工学部の学生時代に赤﨑研究室の門をたたいたことに始まります。1992年に赤﨑教授が名城大学に移籍した際には、天野教授も移籍。2010年まで名城大学で共に歩んできました。

両氏は、受賞が決まってからこの会見で初めて対面。天野教授は赤﨑教授について「私にとってかけがえのない人」と話し、赤﨑教授は「天野君と一緒で本当によかった」と応じました。両氏は赤﨑教授が持参した青色発光ダイオード(青色LED)を手にし、互いに満面の笑みで受賞の喜びを分かち合いました。

赤﨑勇終身教授 ノーベル物理学賞受賞特設ページ

FEATURE

  • 名城大学祭
  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ