移行用/ニュース 山本さんと中島さん、箱根の難所を越え平塚市に

懸命に峠を登る中島さん(左)、箱根峠に立つ山本さん(右) 懸命に峠を登る中島さん(左)、箱根峠に立つ山本さん(右)
JR平塚駅前で、キャンペーンについて説明する中島さん JR平塚駅前で、キャンペーンについて説明する中島さん

気仙沼市大島へ観光用レンタル自転車を贈るための募金を呼びかけながら自転車で大島をめざしている経済学部産業社会学科4年の山本創平さんと中島崇晴さんは9月3日、天候に恵まれたこともあった静岡市から神奈川県平塚市まで一気に120kmを駆け抜けました。標高差800mの箱根超えはさすがの難所でしたが、若さにものを言わせてクリア、午後7時にはJR平塚駅前での募金を行いました。2人は4日午前6時には、東京の北部を通り抜け、埼玉県入りをめざします。夏季休暇を利用して、平塚市まで、車で伴走し2人をサポートしてきた入学センター職員の樋口義博さんは、4日午後には監督を務める準硬式野球部の公式戦があるため平塚から名古屋にUターンしました。樋口さんは、「箱根越えはさすがに大変だったようですが、2人とも遅れ気味のスケジュールを少しでも挽回しようと懸命でした」と話しています。

「チャリ・チャリ・チャリティー!」特設サイト

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ