移行用/ニュース 山本さんと中島さん、ゴールは目前!気仙沼港まであと32km

南三陸町で移動販売を続ける後藤さん(右)と中島さん 南三陸町で移動販売を続ける後藤さん(右)と中島さん
宮城県気仙沼市大島に自転車で向かっている経済学部産業社会学科4年の山本創平さんと中島崇晴さんは9月8日午前8時、仙台市を出発し、夕方には南三陸町に到着しました。
出発直前に、2人が宿泊したホテルの前でストレッチを行っていると、向かいにある神社から神主さんが姿を見せました。活動内容を説明すると、神主さんは「道中気を付けて」とお守りをプレゼントしてくれました。また道中、南三陸町で移動販売を行う「食楽しお彩」の後藤一美さんと出会いました。後藤さんは、震災があった2011年に移動販売を始め、仮設住宅で暮らす方の「揚げ物をする油ももったいない」という声に応え、揚げ物を中心に届け続けています。後藤さんは「こうして南三陸に来てくれる人がいるから、復興につながる。ゴールめざしてがんばれ」とお惣菜をご馳走してくれました。
活動を通じて、広がる輪。つながりを、チカラに変えて、ゴールの気仙沼港「エスポート」まで、あと32kmです。
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ