移行用/ニュース 2012(平成24)年度卒業式 先輩卒業生たちに見守られ3425人巣立つ

名城大学は3月19日、2012年度卒業式を名古屋市中区の愛知県体育館で挙行しました。卒業式典には、前身である名古屋高等理工科学校時代から 1958年(昭和33年)3月までの卒業生たちが集う「スペシャルホームカミングデイ」参加者たち約160人も合流し、8学部3090人の卒業生、大学院11研究科335人の修了生の計3425人の後輩たちの晴れ姿を見守り、祝福しました。学位記授与の後、中根敏晴学長は告示で、「ことに応じては枠を超 え、限界を突破する強い意志を持って、人生の夢に向かって進んでください」とはなむけの言葉を贈るとともに、「名城大学のこれからの発展は、先輩たちが築 いてくれた伝統という大きな力に支えられて、その上に皆さんの歴史が積み上げられて行くのだということを忘れないでください」と訴えました。小笠原日出男 理事長も「穏健中正の理念をしっかりと身に着けた皆さんの、社会に役立とうとする強い意志が、大勢集まって強い力になります。実社会に入っても、小さなこ とに取らわれず、失敗を恐れず、堂々と自己を主張する人になってください」と祝辞を述べました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ