移行用/ニュース 赤﨑勇教授に出身地の南九州市が初の市民栄誉賞


大学院理工学研究科の赤﨑勇教授が、出身地の南九州市から市民栄誉賞を贈られました。

南九州市は2007年12月、川辺町、知覧町、頴娃(えい)町が合併して発足。赤﨑教授は、旧知覧町の出身です。同市は赤﨑教授に、「開発が極めて難しい といわれた高輝度青色発光ダイオードを世界で初めて実現し、世界的にも科学の発展に寄与したことは、南九州市の大きな誇りであり、市民に大きな希望と自信 を与えた」として、南九州市発足後初めてとなる市民栄誉賞を贈りました。

授与式は12月1日に開催された「南九州市市制施行5周年記念式典」で行われ、霜出勘平市長から赤﨑教授に市民栄誉賞が授与されました。受賞に際し、赤﨑 教授は「桜島と開聞岳を望むここ知覧に生を受け、この風土に育まれたことを誇りに思っています。その故郷からいただく栄誉は格別です」と喜びを語りまし た。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ