移行用/ニュース 蹴球部が10年ぶりに東海学生2部リーグ復帰

名城大学蹴球部(体育会)が11月18日に行われた東海学生サッカー連盟の各県リーグ上位戦(愛知2校、三重・岐阜、静岡各1校の各県代表が参加するリー グ戦)最終戦で、静岡県立大学を5-0で下し、10年ぶりに東海学生2部リーグ昇格を決めました。今後は1部昇格を目指しての活躍が期待されます。

名城大学蹴球部は1975年に東海学生サッカーリーグ戦を制し、初の全国大会舞台となった天皇杯の本大会に出場。しかし、2002年に東海リーグから降 格、愛知県学生リーグで東海リーグ昇格を目指してきました。愛知県学生リーグでは2007年度から優勝4回、準優勝1回、3位1回と奮闘し、東海チャレン ジリーグ、および入れ替え戦に挑戦を続けてきましたがもう一歩のところで、東海リーグ昇格を断たれていました。2011年度には東海学生選手権(東海リー グ全チーム及び愛知、静岡、三・岐代表でトーナメント)でベスト8、愛知学生選手権ベスト4の結果を残しており、この勢いをバネについに悲願の東海学生 リーグ(2部)復帰を10年ぶりに果たしました。

10年ぶり東海学生リーグ(2部)への復帰を果たした蹴球部員たちとイレブン

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ