トップページ/受賞 薬学部の平松さんが神経行動薬理若手研究者の集いで優秀発表賞

受賞者 平松 愉加さん(薬学部薬学科6年、野田幸裕教授研究室)
受賞名 第27回神経行動薬理若手研究者の集い 優秀発表賞
受賞日 2018年6月30日
受賞テーマ ストレス負荷マウスの社会性行動におけるセロトニントランスポーター制御機構の関与

第27回神経行動薬理若手研究者の集いが、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)で「行動を制御する神経機構の解明を目指して」をメインテーマに開催されました。本会では、神経薬理学における先端的な研究に行動薬理学的な手法を結び付け、神経精神疾患の脳機能異常を脳内伝達物質の動態や相互作用から解明する研究を推進し、若手研究者を育成することを目的としています。
本会の一般演題の口頭発表において、学部6年の平松さんが優秀発表賞を受賞しました。日々の基礎的な脳内伝達物質の動態や相互作用の実験を積み重ねることで、物の見方や考え方、知識に幅が生まれ、神経精神疾患の病態や薬物作用機序の解明につながっていくことが期待されます。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ