移行用/ニュース エコノパワークラブがホンダ鈴鹿大会で昨年に続きワン・ツー

【写真】参戦した名城大学チームメンバー前列右:1位のNova号,前列左:2位のMEGV2004号 【写真】参戦した名城大学チームメンバー前列右:1位のNova号,前列左:2位のMEGV2004号

名城大学エコノパワークラブは、6月16日に鈴鹿サーキットで開催された「Honda エコマイレッジ2012、第26回鈴鹿大会」グループⅢ(大学の部)に参戦し、昨年に続き1位、2位を独占しました。

雨天でコース路面が高速スピンを発生しやすい悪条件の中、名城大学エコノパワークラブの車両Nova号が640.66km/L、MEGV2004号が611.051km/L の記録でワン・ツーゴール。
エコノパワークラブの部長で理工学部交通機械工学科の村上好生教授は「車両製作技術およびドライブンテクニックの成果である」と喜びを語りました。
次の大会は広島で開催されるレースで、今後の活躍が期待されます。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ