移行用/ニュース 総合数理教育センター教員が「トライアルサタデー講座」の講師に

総合数理教育センターの川勝博教授らは、6月2日、23日、名古屋市昭和生涯学習センターにおいて、小学生とその親15組(30人)を対象に、同生涯学習センターが主催する<トライアルサタデー>講座「科学おもしろ実験講座&エコ工作にチャレンジ」の講師を務めました。
講師は川勝教授のほか、谷口正明准教授、内田達弘助教(併)で、「電気パンを焼こう!」「身近なプラスチックの素材の名前を当てよう!」「紙工作ロボット・ランニングキャットを作ろう!」などの実験を行いました。

ゴミとして捨てがちなモノを活用することでリサイクルに対する考え方を学び、身近な材料で道具をつくり観察することで、参加者たちに科学を身近に感じてもらうことができました。
同講座は総合数理プログラムの「サイエンス・ボランティア入門Ⅰ」の授業の一環で、市民に科学教育の大切さを伝える人材育成の役割も兼ね、総合数理プログラム生(飛び入学生)をはじめ本学学生11人が実験の補助を務めました。

学生たちは参加者との交流を通じて、サイエンス・ボランティアの大切さを学習しました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ