移行用/ニュース 小林副学長が精密工学会東海支部創立60周年記念式典で支部賞を受賞

小林明発副学長(理工学部機械システム工学科教授)が、精密工学会東海支部賞を受賞しました。

小林副学長は、精密工学会の諸活動に積極的に取り組み、東海支部長(2007年4月~2008年3月)などの支部活動のほか、同学会理事、評議員を歴任。2009年には同学会功労賞を受賞しています。
2010年にはフェローに、2012年には名誉会員に推挙されています。今回の東海支部賞受賞は、長年にわたるこれらの貢献が評価されたものです。

授賞式は、6月22日に名古屋市で開催された精密工学会東海支部創立60周年記念式典内で表彰されました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ