移行用/ニュース 理工学部の宇佐美勉教授が土木学会功績賞を受賞しました。

理工学部建設システム工学科の宇佐美勉教授が平成23年度土木学会功績賞を受賞しました。
土木学会功績賞は、土木工学の進歩、土木事業の発達、土木学会の運営に顕著な貢献をしたと認められた個人に授与される、土木学会の最高の賞です。
宇佐美教授は、鋼橋の耐震・制震および薄肉鋼構造物の座屈・耐荷力分野では世界的に知られた研究者です。数多くの論文を国際学術誌に発表し、また数多くの 国際会議での基調講演・招待講演を通して、我が国の高度な設計技術を国内外の研究者・技術者に紹介されています。また、11度にわたる土木学会の論文賞お よび研究業績賞の受賞により、鋼構造工学の進展,橋梁事業の発達に顕著な貢献をしてきました。
土木学会においては、阪神・淡路大震災時に積極的に現地調査を行い、鋼構造物の震災報告書、耐震設計基準に対する提言を作成し、悲惨な大災害のアーカイブ 化に尽力しました。また、鋼橋の耐震・制震設計法の開発と体系化に積極的に取り組み、動的挙動の複雑な鋼橋を対象とした世界で唯一の示方書である、「鋼・ 合成構造標準示方書【耐震設計編】」の作成を主導しました。さらに、土木学会中部支部長および顧問として支部の運営にも貢献しました。
本学においては、平成19年度から5年間、文部科学省ハイテク・リサーチ・センター整備事業の研究課題「制震構造化等の新しい概念による構造物の耐震性能向上プロジェクト」のリーダーとして精力的に研究活動を行い、その成果は高い評価を得ております。
授賞式は6月14日に土木学会総会にて行われます。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ