トップページ/受賞 薬学部の吉見助教が日本精神薬学会から鍋島学術奨励賞(ヤング学術奨励賞)

受賞者 見 陽助教(薬学部薬学科、病態解析学Ⅰ研究室)
受賞名 日本精神薬学会2018年度 鍋島学術奨励賞(ヤング学術奨励賞)
受賞日 2018916
受賞テーマ 網羅的解析技術を用いた精神疾患関連因子の同定と診断技術開発

本賞は、同学会顧問である鍋島俊隆元薬学部教授の神経精神薬理学分野での学際的な活躍と貢献に鑑み、精神科領域で活躍する薬剤師の研究支援を目的として、将来性のある若手の薬剤師を対象に日本精神薬学会から授与されます。
吉見助教のこれまでの精神科領域におけるゲノム精神医学的研究や遺伝子・タンパク質の網羅的解析による精神疾患の病態解明・診断技術開発などの学際的な取り組みと、患者・家族に対する服薬支援・心理教育や多職種連携によるチーム医療の実践および市民公開講座等を通じた社会貢献などの精神科薬剤師としての資質が高く評価され、次世代の精神科領域の臨床・研究の専門家としてさらなる飛躍が大いに期待されます。

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ