トップページ/受賞 薬学部の吉見助教が日本精神薬学会総会・学術集会で日本精神薬学賞

受賞者 見 陽助教(薬学部薬学科、病態解析学Ⅰ研究室)
受賞名 2回日本精神薬学会総会・学術集会 日本精神薬学賞(ポスター発表 一般の部)
受賞日 2018916
受賞テーマ プロテオーム解析による統合失調症の末梢バイオマーカーの探索と臨床応用性の検証

第2回日本精神薬学会総会・学術集会が、「基礎と臨床知識から薬を使い育てる精神科薬剤師:多職種との相互理解を深める」をテーマに八事キャンパスで開催されました。本総会・学術集会は精神科薬剤師の職能発展と精神科医療の向上に貢献すること、脳とこころに関する研究・臨床・教育の最前線に臨むこと、他の職種や地域の薬剤師との協働という、さまざまな意味での「相互理解」と「連携」を目的としています。
網羅的タンパク質発現解析より同定した疾患関連因子の臨床応用性を検証した本研究は、新規診断・治療・予防法の開発につながる成果が期待されます。

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ