トップページ/ニュース 「CEATEC JAPAN 2018」に出展

日時:10月16日(火)~10月18日(木)

場所:幕張メッセ

CEATEC JAPAN 2018の累計入場者数は15万6千人と大盛況であり、名城大学ブースも日本の企業、研究者のみならず、中国、台湾、韓国の研究者が多数訪れました。

特に注目を浴びたのが「microLED」であり、多数の企業、研究者から「microLEDは産業的な実用性はあるのか」などの問い合わせがありました。

今回は、『文部科学省私立大学研究ブランディング事業「青色LEDを起点とした新規デバイス開発による名城大ブランド構築プログラム」(2016年度採択)・「新規ナノ材料の開拓と創製による名城大ブランド構築プログラム」(2017年度採択)』と『文部科学省省エネルギー社会の実現に資する次世代半導体研究開発(レーザー領域)』の研究を紹介することにより、首都圏で「研究の名城」をPRしました。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ