トップページ/受賞 理工学部建築学科の半澤さんが建築新人戦2018でベスト16、アジア建築新人戦日本代表

受賞者 半澤 龍さん(理工学部建築学科3年、佐藤布武助教研究室)
受賞名 建築新人戦2018 ベスト16
アジア建築新人戦日本代表
受賞日 建築新人戦:2018年9月22日
アジア建築新人戦:2018年11月2日
受賞作品名 窓の会話 The Conversation of Window
今年で10周年を迎えた「建築新人戦」は、日本全国の建築を学ぶ2、3年生が、大学での建築設計課題作品を応募し、その年の最優秀新人賞を競うコンペティションです。
半澤さんの作品は、1000近い応募の中でベスト16に選ばれるとともに、アジア各国の代表者が参加する「アジア建築新人戦」の日本代表(日本から2作品)にも選出されました。「アジア建築新人戦」には、アジア10カ国から20作品の参加があり、アジアの第1戦で活躍する建築家による審査が行われました。
本作品は、建築を構成する素材に焦点を当てた提案であり、複雑な構成に挑戦する姿勢が高く評価されました。以下、作品の紹介です。
「木陰で休む人を見ると壁がなくても居場所ができると思った。そこには会話やつながりを妨げるものはない。空間を素材、構造で分節する事で、ゆるやかな家族の関係性が生まれる自邸を考えた。異なる素材・構造を23の窓がつなぐ」
  • 受賞作品 受賞作品

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ