トップページ/ニュース 経済学部佐土井ゼミの海外研修がタイの情報紙に掲載

タマサート大学で記念写真に納まる参加者 タマサート大学で記念写真に納まる参加者
学生研究会の様子 学生研究会の様子

経済学部経済学科の佐土井有里教授ゼミでは、毎年2、3年生を対象にした海外研修を行っており、2018年度は9月21日からの7日間、バンコクで行われ、学生34人が参加しました。

現地では、タマサート大学経済学部との研究会や現地日本企業の視察などを行った他、タイ名城会会長であぱまん情報TWY社長である山口政次氏とイオン(タイランド)General Managerの永田義広氏による講話があり、バンコクにおける不動産や食品市場に関する現状が語られました。

  • 現地企業の視察=あぱまん情報TWY 現地企業の視察=あぱまん情報TWY
  • 現地企業の視察=デンソーサムロン工場 現地企業の視察=デンソーサムロン工場
  • 学生にバンコクの不動産事情を話す山口氏 学生にバンコクの不動産事情を話す山口氏
  • タイの食品市場について説明する永田氏 タイの食品市場について説明する永田氏

また、本研修の様子は現地の日本語フリーペーパー「タイ自由ランド」に掲載されました。同紙は、バンコクを中心に、毎月2回発行されている情報紙です。発行部数1万5000部のうち6000部は日本人会に加盟している駐在員家族に郵送されています。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ