トップページ/ニュース 理工学部環境創造工学科が誕生します!【設置構想中】

理工学部では、わが国が目指す「持続可能な経済社会システムの構築」に貢献することを目的に、次の5つの柱からなる新たな学問分野として「環境創造工学」を掲げ、これらを中心とした「環境創造工学科」の2020年度設置に向け準備を進めています。

【環境創造工学の5つの柱】
①環境に配慮した生活態度と環境問題を発生させない心構えを醸成させる。(環境の心)
②エネルギー・資源の有効利用に取り組む。(エネルギー・資源問題の解決)
③良好な環境の保全と悪化した環境の復元・改善に取り組む。(環境の保全と復元・改善)
④自然との調和を図る。(自然との共生)
⑤新しい環境システムを創出する。(環境創造)

新たに設置する環境創造工学科では、「工学系の環境」に特化した「エネルギー・資源循環分野」「環境共生分野」「人間活動環境分野」の3分野の教育課程を通して、環境に携わる技術者・研究者の養成を目指します。

(本内容は予定であり、変更する可能性があります。)

なお、環境創造工学科の設置に伴い、同学部環境創造学科は2020年度以降の学生募集を停止しますが、在学生への教育支援は全学生が卒業するまで引き続き責任を持って行います。

以上

FEATURE

  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ