トップページ/受賞 理工学部機械工学科の大澤さんが日本設備管理学会東海支部学生研究発表会で最優秀発表賞

受賞者 大澤 くる美さん(理工学部機械工学科4年、成田浩久准教授研究室)
受賞名 一般社団法人日本設備管理学会東海支部 学生研究発表会 最優秀発表賞
受賞日 201931
受賞テーマ 摺(しゅう)動面におけるすり合わせ作業の自動化を目指した技能分析

本研究では、摺動面のすり合わせを対象にした技能分析を力と動作の2点で行いました。まずガイドブロックとスライドブロックのあたり確認では、摩擦係数の変化の傾向を明らかにし、そのメカニズムを示しました。また、速度や力の周波数分析を行い、人間が持つ機械受容器であるマイスター小体とパチニ小体が最も反応する周波数領域で反応が大きく、これらの出力を最も感じ取りやすい速度でスライドさせ、表面状態を判断していることが分かりました。さらに、砥石(といし)による加工では、加工中は表面状態を把握しておらず、力の減少度合いから加工を終了していることを紹介し、その指標を示しました。

この発表が設備管理・ものづくり分野に関する優れた研究発表として認められました。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ