トップページ/ニュース ヨーロッパ日本語教育学研究所が本学で日本初のセミナーを開催

  • OJAEの説明に聞き入る参加者 OJAEの説明に聞き入る参加者

ドイツにあるヨーロッパ日本語教育学研究所OJAE研究チームがヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)に基づいて開発したOJAE(Oral Japanese Assessment Europe)を紹介するセミナーが3月3日、天白キャンパスで開催され、各地から30人余りが参加しました。OJAEは、日本語学習者のコミュニケーション能力を客観的かつ公平に評価し伸ばしていくことを目指して開発されたメソッドで、セミナー参加者からは「目から鱗」といった新鮮な驚きの感想が出ました。

2006年のOJAE研究チーム発足から開発に携わってきた経営学部萩原幸司特任講師は「メソッドとして一層確立するとともに、ヨーロッパに限らず世界で広めていきたい」と抱負を語りました。

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ