トップページ/受賞 理工学研究科の濵島さんが日本陸水学会東海支部会研究発表会で優秀発表賞

受賞者 濵島 翼さん(理工学研究科環境創造学専攻修士課程2年、谷口義則准教授 研究室)
受賞名 日本陸水学会東海支部会第21回研究発表会 優秀発表賞
受賞日 2019217
受賞テーマ 都市河川のコンクリート護岸に繁茂するツル性植物が水生動物群集に及ぼす影響

都市河川では、河岸の大部分はコンクリートで護岸され、草本類はこれらに沿ってわずかに繁茂する程度です。しかしながら、このような草本類にも陸生昆虫が生息し、これらが餌資源として魚類等に利用されている可能性があることから、本研究では、野外操作実験によりコンクリート護岸法面に繁茂するツル性植物が、陸生昆虫の供給を通じて魚類等の水生動物群集の維持に果たす役割を明らかにすることを目的としました。
研究の結果、ツル性植物が繁茂していると、繁茂しない場合に比べて多様な陸生昆虫が落下供給され、生息する魚類の生残率も高いことが示されました。このことから、護岸植生は、多様な餌資源を供給することで河川生態系の維持において重要な役割を担っていると考えられます。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ