トップページ/受賞 理工学部の天野さんが学生員卒業研究発表講演会でBest Presentation Award

受賞者 天野 竜太さん(理工学部機械工学科4年、來海博央教授研究室)
受賞名 日本機械学会東海学生会 TOKAI ENGINEERING COMPLEX 2019 (TEC19) 50回学生員卒業研究発表講演会 Best Presentation Award
受賞日 2019年3月6日
受賞テーマ 顕微ラマン分光法によるポリカーボネートひずみ/応力測定

本研究では、近年自動車などを中心に需要が伸びている樹脂材料に対して顕微ラマン分光法を適用し、樹脂に作用する応力やひずみの測定の可能性について検討し、発表しました。特に、代表的なエンジニアリングプラスチックであるポリカーボネートを対象として、偏光測定を行うことで分子鎖の配向性を評価できることを示しただけでなく、ひずみを加えた際にラマンシフトが変化することも明らかにしており、樹脂中の応力やひずみを評価できる可能性を示した発表です。従来、樹脂の応力やひずみを測定することは大変困難とされており、これらを測定できる本手法を示したことは、工業的にも大変有用な知見となっています。

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ