トップページ/ニュース 吉野彰教授が2019年欧州発明家賞にノミネート 本学では2015年に受賞した飯島澄男終身教授以来の快挙

人気賞に投票をお願いします

電気自動車やスマートフォン、パソコンなどの電池に使われている「リチウムイオン電池」の開発者の吉野彰大学院理工学研究科教授(71)が、欧州特許庁(EPO)主催の2019年欧州発明家賞「非ヨーロッパ諸国部門」のファイナリスト(最終候補者)にノミネートされました。

選出理由は「リチウムイオン電池の発明及び改良」です。

受賞者は、6月20日(現地時間)にオーストリアのウイーンで開かれる式典で発表されます。

本学では、カーボンナノチューブの発見者で文化勲章受章者の飯島澄男終身教授、湯田坂雅子特任教授(産業技術総合研究所ナノ材料研究部門招へい研究員)らのグループ(小塩明・三重大学助教を含む)が2015年欧州発明家賞「非ヨーロッパ諸国部門」にノミネートされ、日本人で初めて受賞しています。

一般の人たちはWEB投票で「Popular Prize(人気賞)」の選考に参加できます。同賞の受賞者は、15人の最終候補者の中から、オンラインによる一般投票で決定します。一般投票は授賞式に先立ち、EPO のウエブサイト

https://www.epo.org/learning-events/european-inventor/popular-prize.html

で2019年6月16日まで行うことができます。積極的な投票をお願いします。

人気賞は2014年6月、「QRコード」を開発したデンソーウェーブの原昌宏氏ら5人が日本人で初めて受賞しました。

吉野彰教授のコメント

このたび欧州特許庁から2019年欧州発明家賞のファイナリストに選ばれました。「リチウムイオン電池の発明が私たちの暮らす社会に大きな衝撃を与えた」という欧州特許庁長官の言葉に大変感激しております。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ