トップページ/受賞 薬学研究科の仲吉さんが日本薬学会で学生優秀発表賞

受賞者 仲吉 朝希さん(薬学研究科薬学専攻博士課程2年、生物物理化学研究室)
受賞名 日本薬学会第139年会 学生優秀発表賞 (ポスター発表の部)
受賞日 2019年3月31日
受賞テーマ N末端グルタミン酸残基の環化機構:無機リン酸化学種による触媒機構についての量子化学計算

本賞は学部生および大学院生の優れた発表に対して与えられ、ポスター発表の部では696演題中84演題が選ばれました(受賞率12.1%)。

本研究では、さまざまな加齢性疾患の原因として疑われているN末端グルタミン酸残基の非酵素的な環化反応について、生体内の無機リン酸化学種が触媒する反応機構を解明しました。タンパク質の受ける非酵素的な化学修飾の機構は解明されていないものが多く、本研究は加齢性疾患の発症メカニズムや、加齢性疾患の予防法および治療法の開発の一助となることが期待されます。

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ