在学生・教職員/ニュース 中日新聞社広告大賞で本学の広告が部門賞を受賞

表彰盾を手にする矢野事務部長 表彰盾を手にする矢野事務部長

本学が2018年10月に中日新聞に出した広告が第10回中日新聞社広告大賞の部門賞(文化・教養の部)に選ばれ、2019年6月14日、東京の帝国ホテルで開かれた表彰式で、矢野幾也副経営本部長・渉外部事務部長が表彰盾を受け取りました。 同賞は、中日新聞、中日スポーツなどに掲載された広告の中から優秀作が選ばれます。本学の広告は読者審査員から高い評価を得ました。

受賞作は、2018年10月28日に仙台市で開かれた第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)で、女子駅伝部が2連覇したゴールシーンをもとに制作。2日後の30日付朝刊に掲載されました。アンカーの青木和主将(当時・人間学部4年)が両手でVサインをしながら笑顔でテープを切る姿と「名古屋に名城(めいじょう)あり。」のキャッチコピーが共感を呼びました。

表彰後、矢野事務部長は「青木主将の表情が感動を与えました。女子駅伝部にこの表彰をプレゼントしたい」と感想を語りました。

  • 天白キャンパス本部棟南壁に掲出された懸垂幕 天白キャンパス本部棟南壁に掲出された懸垂幕

本学はこの栄誉を告知するため、6月13日、天白キャンパス本部棟南壁に、懸垂幕を掲出しました。幕の下部に受賞作が印刷されています。

FEATURE

  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ