トップページ/クラブ 硬式野球部が2019年度新人戦で15年ぶりの優勝

左から伊藤智紀選手(人間学部2年)と坂上翼紗選手(都市情報学部2年) 左から伊藤智紀選手(人間学部2年)と坂上翼紗選手(都市情報学部2年)

硬式野球部は、6月8日から6月22日で開催された愛知大学野球連盟主催の新人戦において15年ぶりに優勝しました。

この大会は、次世代を担う若手の育成を主眼において1、2年生で行われ、愛知大学野球連盟に所属する27チームがトーナメント方式で戦いました。

試合は、名古屋工業大学(一回戦)、至学館大学(二回戦)、愛知大学(三回戦)に勝利した後、準決勝は春のリーグ戦を制した愛知工業大学に4対2で勝利。続く決勝の中京大学に対しては、初回に3番水谷雅貴(経済学部産業社会学科2年)のホームランで先制し、投手陣は、伊藤智紀(人間学部2年)、池戸昇太(経済学部産業社会学科2年)、眞田拓(人間学部1年)、横尾虎之介(経営学部経営学科1年)でつなぎ、2対0で完封勝利。みごと15年ぶりの優勝を飾りました。

成長著しい1、2年生とともに秋季リーグ戦の優勝に向け、引き続き練習を重ねていきます。今後ますますのご声援をよろしくお願いいたします。

 【最優秀選手】伊藤智紀

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ