トップページ/ニュース 外国語学部の2年生2人が「一日警察官」

夏の交通安全県民運動で東警察署長から

  • 委嘱状を手にする菅さん(右)と田中さん 委嘱状を手にする菅さん(右)と田中さん
  • 奥谷署長(右)から委嘱状を受ける菅さん(中央)と田中さん 奥谷署長(右)から委嘱状を受ける菅さん(中央)と田中さん
  • 交通安全広報メッセージを述べる田中さん(左)と菅さん 交通安全広報メッセージを述べる田中さん(左)と菅さん
  • 委嘱式であいさつする大井区長 委嘱式であいさつする大井区長

交通安全啓発に一役

夏の交通安全県民運動(7月11~20日)のキャンペーンとして、外国語学部2年の菅唯伽(すが・ゆいか)さんと田中倫菜(ことな)さんが7月11日、愛知県警察の奥谷俊之東警察署長から「一日警察官」に委嘱され、交通安全啓発に一役買いました。

2人は、交通安全広報を通してマナーアップと交通事故の減少を目的に名古屋市東区にある高校と中学の生徒各2人とともに、委嘱されました。

ナゴヤドーム前キャンパスで委嘱式があり、6人が制服、制帽姿で奥谷署長から委嘱状を受け取りました。菅さんは「貴重な経験です。交通マナーを守ってほしい」、田中さんは「身の引き締まる思いです。一人でも多くの人に交通安全啓発をしたい」と抱負を述べました。

委嘱式には約90人が出席し、大井健司東区長らがあいさつしました。参加者は、雨の中をイオンモールナゴヤドーム前店に移動し、買い物客に啓発物品を配るなどして交通安全を呼びかけました。

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ