トップページ/クラブ ヨット部が全日本大会出場を学長らに報告

ヨット部は、昨年に引き続き全日本学生大会への出場を決め、8月29日、小原章裕学長らに報告しました。

7月に蒲郡市で行われた中部学生ヨット個人選手権大会等で、男女ともに優秀な成績を残し2年連続の全日本大会出場となりました。

全日本大会は9月5日から蒲郡市で開催され、選手は男子9人、女子3人、ヨットは470(ヨンナナマル)級が1艇、スナイプ級が1艇、シングル級が3艇出場します。

古川裕之部長(理工学部機械工学科教授)は「日頃の厳しい練習が成果を結び、全日本に出場できた。一丸となって挑みたい」とあいさつし、小原学長は「全日本大会での活躍と、よい報告を期待しています」と激励しました。

高柳直角主将(理工学部建築学科4年)は「連続出場でチームに活力が漲っている。勢いを結果につなげ、創部70周年式典に華を添えたい」と抱負を述べました。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ