トップページ/受賞 薬学部の加藤さんが和漢医薬学会学術大会で優秀発表賞

受賞者 加藤 明日香さん(薬学部薬学科6年、生薬学研究室)
受賞名

第36回和漢医薬学会学術大会 優秀発表賞

受賞日 2019年8月31日
受賞テーマ

漢方処方の科学的解析(第26報)加齢マウスへのグリチルリチン投与時の血中グリチルレチン酸濃度について

一般に、甘草やその主成分であるグリチルリチン(GL)投与による副作用の発現頻度は、甘草の過剰摂取、長期服用、高齢者、女性で高くなるとされますが、その実験科学的な証明はいまだ十分ではありません。
本研究では、加齢マウスを用いて、GLを経口投与した際の血中グリチルレチン酸(GA)濃度推移を検討しました。その結果、予想に反して、加齢マウスでは血中GA濃度は約3分の1程度となり、その要因は主に腸内細菌叢(そう)によるGLの加水分解活性の低下であることを推定しました。GLの加水分解活性を有する腸内細菌は、GLの連続投与により増加することが知られており、今後GLの連続投与時における血中GA動態を明らかにすることで、GL投与時の血中GA濃度推移に及ぼす加齢の影響を明らかにしたいと考えています。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ