トップページ/受賞 理工学研究科の中山さんが地盤工学研究発表会で優秀論文発表者賞

受賞者 中山 雄人さん(理工学研究科社会基盤デザイン工学専攻修士課程2年、小髙猛司教授研究室)
受賞名 第54回地盤工学研究発表会 優秀論文発表者賞
受賞日 2019年8月19日
受賞テーマ 細粒分が卓越した疑似粘性土堤防の強度評価の注意点

河川堤防は、長い年月をかけて現地のさまざまな土で造られてきている地盤構造物です。中でも細粒分が卓越した粘性土堤防は、通常の試験で得られるせん断強度が大きいために、洪水時の安定性も高いと評価されがちですが、実際には洪水時に被災する事例が多くあります。
本発表では、洪水時に抵抗力が急激に低下する疑似粘性土堤体土のせん断強度を適正に評価できる試験法を提案するとともに、実際の豪雨時に大規模なすべり破壊を起こした粘性土堤防の被災要因の解明をしていることが高く評価されました。
中山さんは、昨年の土木学会全国大会での優秀講演者に続き、2年連続2回目の受賞です。

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ