トップページ/ニュース 吉野彰教授がノーベル化学賞を受賞

吉野彰大学院理工学研究科教授の2019年ノーベル化学賞受賞が決定しました。受賞理由は、1985年にリチウムイオン電池を開発したことです。

今回の受賞は、2014年の赤﨑勇終身教授・特別栄誉教授、天野浩特別栄誉教授(元理工学部教授)のノーベル物理学賞受賞に続く、本学にとって大変な名誉です。2026年に開学100周年を迎える本学の伝統に輝かしい1ページを加えることができました。

関連リンク

吉野彰教授の略歴等

当ページ掲載の写真は、報道記事作成目的に限りご利用いただけます。
ただし、画像の改変(合成・加工・変更・切り取り等)はご遠慮ください。

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ