トップページ/ニュース 農学部の林教授が「肉の目利き」として東西で活躍

食肉の講演、コンテストの審査員で

食品コンテストで審査員を務めた林教授(右から2人目) 食品コンテストで審査員を務めた林教授(右から2人目)
審査員ら(林教授は後列左から2人目) 審査員ら(林教授は後列左から2人目)

「肉の目利き」として知られる農学部応用生物化学科の林利哉教授(食品機能学、畜産物利用学)が11月3日、大阪市の関西テレビアトリウムで開催される「お肉のトーク2019」(NPO法人食の安全と安心を科学する会主催)で講演します。福島県産牛肉・豚肉の安全と安心を伝えるためのシンポジウムと試食会です。

 内容は下記のサイトへ

お肉のトーク2019の案内ページ

ラジオ大阪の告知ページ

 

林教授は2011年にドイツの国立食肉研究所、Max Rubner-Institut(Kulmbach)に留学。その後DLG(ドイツ農業協会)国際ハム・ソーセージコンクールのゲスト審査員を務めました。ドイツ仕込みの目利きぶりは、関西だけでなく関東にも鳴り響き、10月5~7日、麻布大学(相模原市)で開催されたDLG主催の食品コンテストには審査員として参加しました。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ