トップページ/受賞 理工学部の大槻教授と大島教授が日本ばね学会秋季講演会で日本ばね学会賞(技術賞)

  • (左から)大槻教授、大島教授 (左から)大槻教授、大島教授
受賞者 大槻 敦巳教授、大島 成通教授
(理工学部機械工学科)
受賞名 2019年度日本ばね学会秋季講演会
日本ばね学会賞(技術賞)
受賞日 2019 118
受賞テーマ 和弓における動力学的解析
(非線形復元ばね特性と動的挙動)

日本ばね学会は、ばねを始めとした復元力を有する材料の総合学術研究学会で、同賞は復元力を有する材料の解析、発展に対して学術的、工業的に顕著な貢献した研究者に授与されるものです。
本論文は、長年にわたって未解明であった和弓における静力学的大変形問題および矢を放った時の動力学的問題について、非線形理論を適用してその変形挙動、変形特性を理論的に明らかにしたものです。こうした研究成果が高く評価され、このたびの受賞につながりました。
大槻教授は、同学会から学会賞をたびたび受賞(2000、2011年度論文賞、2016年度技術賞、2016年度功績賞、学会70周年記念特別功績賞(2017)など)しており、また大島教授も2000年度論文賞を共同受賞しています。

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ