トップページ/受賞 理工学部建築学科の学生が日本建築学会支部共通事業設計競技でタジマ奨励賞

(左から)和田さん、水谷さん、宮本さん、岡田さん、森さん (左から)和田さん、水谷さん、宮本さん、岡田さん、森さん
受賞者 宮本 一平さん、水谷 匠磨さん、和田 保裕さん、岡田 和浩さん(理工学部建築学科4年、佐藤布武助教研究室)、森 祐人さん(同学科3年)
受賞名 2019年度日本建築学会支部共通事業設計競技「ダンチを再考する」 タジマ奨励賞
受賞日 2019年9月3日
受賞作品 踊り場と暮らす

理工学部建築学科佐藤研究室の4年生と3年生のチームが、2019年度日本建築学会設計競技にてタジマ奨励賞を受賞しました。同設計競技は、1952年から継続している建築分野の由緒あるコンペティションです。本年の課題は、「ダンチを再考する」で、団地という社会ストックの今後を考えるものでした。
本作品では、踊り場の課題を丁寧にひもとき、生活を踊り場へと拡大することで団地の豊かな住環境を提案しています。

受賞作品「踊り場と暮らす」 受賞作品「踊り場と暮らす」
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ